原価公開の流れ

原価公開の流れ

1)打合せの開始
設計担当者が直に話をお伺いします。外観に対するイメージやプランに対する考え、仕様の要望などどういった家をつくりたいか、具体的にヒアリングを進めます。

打ち合わせの開始

2)上限見積り書を提示
その後10日ほどで見積り書を作成いたします。私達は過去の豊富な実績により、すぐに原価を算出することができます。この見積りは、今まで打合せをした仕様での上限の金額と設定し、少しでも安く発注できるように努力をします。また着工前に業者見積りをとり、そこで発生する差額はすべてお返しいたします。

3)請負契約
プラン・仕様・価格すべてに納得いただけたら、請負契約です。ここから、実施設計といわれる詳細の打合せがはじまります。

請負契約

4)実施設計打合せ
実際の家具を想定しての間取りのチェック、仕様の再チェックをしていきます。打合せの回数は5回、6回と重なり「煮詰めて、変えて」を繰り返します。仕様が変わった場合、再度上限見積り書を修正し、ご提出、ご納得いただいたところで業者さんに発注する金額の交渉がはじまります。
お知りあいや近所に評判のよい業者さんがあれば工事に参加していただくことも可能です。

5)発注金額書の提示
発注する金額をまとめた金額書を提出いたします。いくら差額がでたか明確になるのでこの差額は返還させていただきます。予定の仕様をアップしたり、外構やカーテン代にまわしたりローンを軽減すのことも可能です。

6)発注契約書サイン・着工前打合せ
工事業者さんへの工事の発注を私達と一緒にしていただきます。それぞれの業者さんがいくらの仕事をするか明確になるので、その後工事担当者を交え、着工スケジュールと竣工時期の最終打合せを行います。

7)着工・完成
現場で会う業者さんは、見積り書にある金額そのものの工事をするので安心して工事を見守ることができます。

着工・完成

8)お引渡し・10年保証アフターメンテナンス
3ヶ月・1年目・2年目と定期的に訪問し、不具合がないか、建物の状況などをチェックします。不具合が出た場合はご連絡いただければ迅速に対応いたします。また、全国規模の財団法人による10年間性能保証が全棟につくので安心です。

原価公開見積りシステムの特徴

  1. 1原価、経費、利益を完全分離して公開します。
  2. 2契約時はプラン、仕様書、見積書を提出します。契約見積り金額はあなたの払う最大の価格とします。
  3. 3私たちは、あなたに代わって適正価格を交渉しコストを下げることを約束します。お知り合いやご近所によい業者さんがいれば工事に参加していただくことも可能です。(基礎、大工工事は当社が施工)
  4. 4交渉の結果得た差額は全額あなたにお返しします。
  5. 5見積り金額から、あなたの都合や追加工事ででない限り、別途費用はいただきません。
  6. 6業者さんに発注する金額がよくわかるよう、専門業者への発注契約は、私たちとあなとの連名で行います。
  7. 7一括請負契約という契約方式をとるので、全責任は施工者にあります。
  8. 8住宅性能保証、銀行ローンなど、今までとなんら変わりなく、何の問題もなく受けられます。

このシステムによって見積り項目の一つ一つがわかりやすくなり、あなたと一緒になって建物の内容を決められ、あなたは安心できる、納得できる、満足できる家づくりができます。
名実ともにあなたが家づくりの主役となります。

住宅原価、適正価格、粉飾見積りなど、住宅価格の謎にせまる健康住宅専門の設計・建築会社

【FAX】049-241-8108 【営業時間】9:00〜19:00 【定休日】火曜、水曜

メールでのお問い合わせはこちらから