本当の価格事例

飯島様邸


飯島様邸

▼詳細
■場所:埼玉県川越市

駅前のマンションに住んでいた飯島さんは、ご主人の定年を迎え、2匹の犬が散歩するのに環境が良くまたご結婚したお子様に気軽に遊びに来てもらえるような一戸建を建てる計画をしていました。


まずご要望の前に、注文住宅の仕組みや建築価格の構成要素など、いままでの見積りと「原価でつくる家」の違いをご説明しました。


「ペットの臭いを消臭したい」
「車は3台置けるスペースが欲しい」
「中庭にウッドデッキとサンルームがあったらそこでお茶を楽しみたい」
「子供たちが来たときに泊まれる予備室をつくりたい」

などなど誰もが持つ夢があふれんばかりに飛びだしてきます。


具体的に使う設備や建材の仕様を決め、見積りを取り寄せたあと、いよいよ「実行原価見積り」です。見積りに反映できないものもありましたが、本体の工事原価は予算の範囲内に収まり、「請負契約」の調印です。


詳細打合せのなかで変更になったものは図面や見積りに反映させ「実行原価」をつくりなおします。


その後、業者の選定と具体的な発注、専門業者に弊社と連名で発注書に印鑑をおし契約を取り交わします。現場の職人さんも直接の発注者が会社だけでなく「連名」なのですこぶる愛想もよく工事もスムーズに運び予定工事期間は2週間も早く完成しました。


飯島さんには、「はじめは何のことかわからなかったけど、私もひとつひとつ勉強になり、なにより楽しく工事をみていられたのも見積りについて信頼できたことが大きな理由でした」とおっしゃっていただきこちらも感慨深い気持ちです。


すべてはお客様のために、パートナーとしてともに協力できる「実行原価見積り」は、工事を楽しくスムーズに進めることができる手法といえるのではないでしょうか。


実行原価を明示する見積りのあり方に自信を深める結果となりました。

住宅原価、適正価格、粉飾見積りなど、住宅価格の謎にせまる健康住宅専門の設計・建築会社

【FAX】049-241-8108 【営業時間】9:00〜19:00 【定休日】火曜、水曜

メールでのお問い合わせはこちらから